前回に引き続き、ワンダーフェスティバル2016冬の内容です。

今回は、メモ書き程度の反省会になります。

WF2016W-000
今まで反省会(まとめ記事)をやっていなかったので、メモ書き程度ですが、今後の為に作ってみようと思います。

[前回までの記事]
ワンダーフェスティバル2016冬に行って来ました
ワンダーフェスティバル2016冬に行って来ました
ワンダーフェスティバル2016冬に行って来ました


昨年末に新しいカメラ(フルサイズ機)を購入して、大型のホビーイベントでは今回のワンダーフェスティバル2016冬で初めて使ったのですが、
カメラの設定をAPS-C機と同じISO感度・シャッタースピードで撮影をしていたのですが、これは明らかに失敗でした。

APS-C機と比べて画素数が1600万画素から2400万画素に増えたことに対する手ぶれ対策の失念や、フルサイズ機はISO感度を上げてもノイズが少ないのに、低感度に拘ってしまったため、露出アンダーな作例ばかりになってしまいました。

またカメラ(ボディ・レンズ・スピードライト・ディフューザー)の重さも、APS-C機の時は1.7kgだったものが、フルサイズ機になると2.1kgになり、イベント等で長時間(5時間以上)撮影する場合、対策が必要だなと思いました。
今回使ったレンズは、フルサイズ対応の便利ズームであるAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRなのですが、この便利ズームだと、以前使っていたAPS-C専用のAF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VRと写りに違いを感じられませんでした。
次回のワンダーフェスティバルまでに数回イベントがあるので、ズームレンズではなく単焦点(マクロレンズ)で撮影をしてみて、どのくらい写りに差が出るものなのか比べてみようと思っています。


今回も撮影をしたのは、フィギュアメーカー(企業)のみでした。
その中で一番気になったのは、グッドスマイルカンパニーの夕立改二ですね。これはデコマス展示を見た瞬間に購入が決定しました。発売が今から楽しみです。
WF2016W-WH-002


フィギュアメーカーのみを撮影していて気付いたことは、やっぱり人気のある作品・登場人物ばかりが商品化されるんだなぁ……ということですね(企業だから当たり前ですが)。

ガイドブックや会場で個人ディーラー様の作品を見ると、フィギュアメーカーでは商品化されてはいないけれど、私が個人的に好きな作品・登場人物があったりするので、とても惹かれました。
次回は個人ディーラー様のブースも回れれば良いなと思っています。

次のワンダーフェスティバル2016夏は、2016年7月24日(日)に幕張メッセで開催ということなので、今から楽しみですね。

メモ書き程度ですが、以上になります。

ありがとうございました。